AGAってなに?

AGAって聞き慣れない言葉ですが、何のことかわかりますか?

AGAは聞き慣れないものの実に日本の男性に多いといわれているある症状のことをいいます。

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略語で、男性の脱毛症のことを言います。(参考:http://www.demande-de-visa.com/

男性の多くに薄毛に悩んでいる人がいますが、その多くがAGAだといわれています。

AGAはどの様なメカニズムになっているのかといえば、血液中にいる男性ホルモンが影響しています。

思春期を越えた男性の場合、血液中の男性ホルモンの量はぐんと上がります。

この男性ホルモンは血液中に含まれて、体内に巡るのですが、頭皮においては毛細血管を通って毛乳頭の細胞の中へと入っていきます。

これはAGAの人ではなくても同じ仕組みです。

AGAの場合、ココからが問題になります。

毛乳頭の細胞に入った男性ホルモンは、毛乳頭細胞にある5α-リダクターゼと結合することで、DHTという物質に代謝されるのですが、男性ホルモンを受け入れるアンドロゲンレセプターがDHTに異常な反応をして髪を脱毛させてしまいます。

これがAGAのメカニズムです。

AGAは正しいヘアサイクルを乱して、髪が成長しないままに脱毛させてしまうのですが、そのまま放置しておくとどんどん進行していきます。

早い時点で対処すれば、それ以上の薄毛になる心配はないし、治療法によっては発毛の期待を持つこともできます。

AGAの治療は医療機関によって異なりますので、自分にあった医療機関での治療をお勧めします。